【終了】2017年度 田植え体験参加者大募集!

[English]

※本イベントは終了しました。

豊かな水と緑と大地を有する栃木県小山市は、田んぼを大きなキャンバスに見立て、色鮮やかな稲穂を使い、水田に絵を描く「田んぼアート」を、2011(平成23)年度から毎年行ってきました。

第7回となる今年2017(平成29)年は、昨年度の3会場に、新たに乙女会場を加えた4会場で実施します。

絵柄は昨年度好評を博した手塚治虫氏のキャラクターに加え、人気ロードレース漫画『弱虫ペダル』、栃木を本拠地とする自転車ロードレースのプロチーム「宇都宮ブリッツェン」、サッカー本田圭佑選手、栃木県に本拠地をおくBCリーグプロ野球球団「栃木ゴールデンブレーブス」を描くことが決定しました。

つきましては、今年も田植え体験の参加者を大募集いたします。小山の豊かな水と緑と大地を感じながら、一緒に田んぼアートを楽しみませんか?

昨年に引き続き、アフリカの大使館とアフリカ人留学生も招待しています。国際交流に興味のある方も是非ご参加ください。

参加申込み

会場・絵柄紹介(開催日順)

美田会場(旧 島田会場):弱虫ペダル×宇都宮ブリッツェン

弱虫ペダル © 渡辺航(週刊少年チャンピオン)
© 渡辺航(週刊少年チャンピオン)

『弱虫ペダル』は、自転車ロードレースにすべてをかける高校生たちが、仲間と共にインターハイ優勝を目指す姿を描いた、今もっとも熱いスポーツ漫画。

2008年より「週刊少年チャンピオン」(秋田書店発行)に連載中で、コミックス累計発行部数1,700万部を超える渡辺航氏の作品です。

おやま田んぼアートに初登場です。

 

© UTSUNOMIYA BLITZEN

宇都宮ブリッツェンは、2008年に日本初地域密着型プロロードレースチームとして誕生。ブリッツェン(BLITZEN)とはドイツ語で「稲妻が輝く」という意味。2012年と2014年に国内ツアーチャンピオンになり、日本のトップチームとしてレース活動を続ける一方、自転車安全教室などの地域貢献活動も積極的に展開しています。おやまロードレースにも貢献していただいているブリッツェン。弱虫ペダルとともに田んぼアートに初登場です。

 

 

乙女会場(New!):栃木ゴールデンブレーブス

© TochigiGoldenBraves

チームカラーの「金(GOLDEN)」。挑戦する勇者たち「BRAVES」。県民の皆様に、勇気と希望を与える球団になって欲しい、その思いを込めて球団名を「ゴールデンブレーブス」としました。

栃木県民がひとつになれる熱い球団を目指し、未来の子ども達へ夢と希望を与えます。

2016年11月に誕生した球団が、球団本拠地の小山市で、おやま田んぼアートに初登場します。

 

 

渡良瀬遊水地会場(旧 下生井会場):サッカー本田圭佑選手

本田圭佑選手はシーズンオフを利用して、世界中で「ソルティーロ・グローバルサッカーキャンプ」を開催しています。

夢や希望を持つことが困難な状況のおかれた子ども達ができるだけ多く参加できるよう、国や地域を選定しています。

サッカーを通して、またサッカーでなくても、「未来ある世界中の子ども達がどうすれば“夢”を持つことができるか、どうすれば平等な教育を受けられるようになるか」、真剣に考え、向き合い、行動に移しています。

小山市の、そして日本の子どもたちにも“夢”を、その思いを込めて本田選手が田んぼアートに初登場です。

 

 

絹会場:鉄腕アトム・ユニコ

© TEZUKA PRODUCTIONS

ギリシャ神話に出てくる伝説の一角獣=ユニコーンの子ども。愛らしい外見だが、男の子。

愛をくれた人や動物のためになら不思議な力を発揮し、羽を出して空を飛び、いろいろな魔法を使って人々に幸せをもたらす。小山市や結城市の子ども達に幸せをもたらす願いを込めて、田んぼアートの絵柄にしました。

『ユニコ』、田んぼアート初登場です。

アトムは昨年に続き、2回目。

今年はユニコに乗って登場します。今年も苗で、可愛らしいアトムを描きましょう。

 

 

詳細・お申込み

開催日

田植え体験の開催日は会場によって異なります。

  • 第1回 5月28日(日): 美田会場、乙女会場(各200名)
  • 第2回 6月4日(日): 渡良瀬遊水地会場、絹会場(各300名)

受付期間

2017年5月12日(金)まで 5月19日(金)まで

渡良瀬遊水地会場・絹会場は5/31(水)23:59までに延長されました。

※先着順のため、定員になり次第締め切らせていただきます。

お申込み

各会場毎に、会場集合のプラン・小山駅発着バス送迎付きプランがあります。各プランの詳細・お申込みにつきましては、以下のボタンをクリックして、JTBのページでご確認ください。

5月28日(日)

美田会場:弱虫ペダル×宇都宮ブリッツェン

JTBのページを開く

 

乙女会場:栃木ゴールデンブレーブス

JTBのページを開く

6月4日(日)

渡良瀬遊水地会場:サッカー本田圭佑選手

JTBのページを開く

 

絹会場:鉄腕アトム・ユニコ

JTBのページを開く

お問い合わせ

おやま田んぼアート実行委員会
(小山市農村整備課内)

電話:0285-22-9262

FAX:0285-22-9258

【美田会場】
小山市美田東部土地改良区

電話:0285-37-0701

FAX:0285-37-7344

【乙女会場】
間々田乙女土地改良区

電話:0285-45-2709

FAX:0285-45-2709

【渡良瀬遊水地会場】
思川西部土地改良区

電話:0285-38-1065

FAX:0285-38-1066

【絹会場】
絹土地改良区

電話:0285-49-0059

FAX:0285-49-3088

 

協賛者募集のご案内

小山市では、平成23年より、田んぼを大きなキャンパスに見立て、色鮮やかな稲穂によって田んぼに画を描く「田んぼアート」を開催しています。

この田んぼアートを始めた背景は、『農業用水水源地域保全事業』を市民に広げるためのイベントの一環でした。農業用水の安定的な供給と国土の保全のためには、水源地域における森林が大きな役割をもっており、水の恩恵を受けている下流域の農家や地域住民の方々に、森林整備の重要さ、水源地域の現状や課題についてもっと理解を深めてもらいたい。そして、農業用水を一番必要とするのは田んぼのため、田んぼを使ってこの事業を広げたいという考えのもとスタートしました。

そして、今では小山市民だけではなく、他県からもたくさんの方にご参加いただき、お陰様で今年は7年目を迎えることができました。

また、本年より新たな取り組みとして、下記のとおり協賛者を募集いたします。田植え会の通常参加者は絵柄のまわりの田植えをお手伝いいただきますが、協賛者はメインの『色苗の田植え』をお手伝いいただき、より深くおやま田んぼアートに関わっていただくこととなります。

何とぞ、ご参加いただけますよう、ご案内申し上げます。

1.募集口数

各会場 5名様(先着順)

2.協賛内容

  • 1口10,000円/名 (収穫後にお米10kgプレゼント)
  • 色苗の田植え(メインの部分)をお手伝いください
  • 昼食、保険付き

3.実施日

  • 美田会場:平成29年5月26(金)、27日(土)
  • 渡良瀬遊水地会場:平成29年5月31日(水)
  • 絹会場:平成29年6月3日(土)

4.実施時間

9時~17時(集合場所:JR小山駅 西口ロータリー)

5.募集締切

 平成29年5月24日(水) 定員になり次第終了

6.参加条件

  • 18歳以上
  • 美田会場は2日間ともご参加いただける方
  • 小山駅までの交通費、また宿泊が必要な方はその費用をご負担いただける方

7.応募方法

ご希望の会場の土地改良区までご連絡ください(平日9時~17時)

美田会場

小山市美田東部土地改良区

0285-37-0701

渡良瀬遊水地会場

思川西部土地改良区

0285-38-1065

絹会場

絹土地改良区

0285-49-0059

 

For International Participants

Oyama City (Tochigi Prefecture, Japan) has conducted a “RICE PADDY ART” project since 2011. “RICE PADDY ART” is an art form of pictures drawn with rice of various types and colors in a paddy field by applying advanced surveying technique, which is one of Japanese Agricultural techniques.

This year, we decided to draw rice paddy art at 4 sites:

  • Mita site: Yowamushi Pedal (Wataru Watanabe’s road bicycle racing-themed sport manga) and Utsunomiya Blitzen (a professional cycle road racing team in Tochigi)
  • Otome site: Tochigi Golden Braves (a Tochigi-based professional baseball team in the independent Baseball Challenge League)
  • Watarase Yusuichi site: Keisuke Honda (One of the most famous Japanese soccer players in the world)
  • Kinu site: Astro Boy and Unico (Osamu Tezuka’s manga series)

We are going to hold rice planting events on 28th May at Mita and Otome sites and 4th June at Watarase Yusuichi and Kinu sites. In these events, all instructions will be given in Japanese only, so we organize a special tour with an interpreter for international participants.

“RICE PADDY ART” Planting Tour (Mita site)

Yowamushi Pedal
© Wataru Watanabe (Weekly Shonen Champion) / © UTSUNOMIYA BLITZEN
Date and Time

10:00 – 12:00, Sunday 28th May, 2017 (rain or shine)

Place

Mita site (Shimada, Oyama City, Tochigi Prefecture, 323-0004)

Clothes

Clothes that can get dirty, towel

Participation Fee

 (Including lunch, insurance, shuttle bus service between Oyama Station and Mita site) 

  • Adults: 2,000 JPY
  • Primary school children: 1,000 JPY
  • Diplomats and ABE Initiative participants: Free
Itinerary
Time Place Event
9:20 Bus station at Oyama Station East Exit Leave the station
10:00 – 11:30 Paddy field at Mita site Experience rice planting
11:30 – 12:30 Mita site Have lunch
12:30 Mita site Leave for Oyama Station
13:00 Oyama Station End of the tour

If you come by your own car, you can come directly to Mita Site at 9:50. (Free parking is available)

Application

To apply for participation, please contact us at email hidden; JavaScript is required by 19th May 2017, including the following information:

  • Subject: [Application for the “RICE PADDY ART” Planting Tour]
  • Body: Your name / Nationality / Affiliation / Phone number / Means of transportation to Oyama (train or car)

Contact

Please feel free to ask us if you have any questions.

Email email hidden; JavaScript is required
Phone 080-5410-1641